はじめに(一般向け)

(*最終更新 2020年2月28日)

スポンサーリンク

悩みは尽きない

さて、突然ですがあなたは今、悩んでいませんか?
  • 大したことをしてないのに疲れる。
  • やる事ないのに忙しい。
  • 目標がない。            など
悩みって尽きないですよね。
解決したと思ったらまた新しい悩みが出現する堂々巡りをしていると思います。
でも、この負のループから解放されたいと思いませんか?

はじめまして

はじめまして。見習医と申します。
私は市中病院で勤務医をしているものです。
実際に社会人として働き始めると、学生時代には想像もしなかったことで悩み始めました。
そんな悩みを抱えながら、1週間に2回、日勤帯からの当直、当直明けもそのまま勤務という生活を送っていました。
すると身体的負荷も相重なり、
「このままでは頭がおかしくなる!」、
「考え方を変えなければ死んでしまう」
と思うようになりました。

悩みを分析すると

悩みを分析すると、悩みの原因は大半は他人との比較でできていることがわかります。
  • 大した事してないのに疲れる→あいつは同じ事しているのに楽そう。
  • 目標がない→あいつは目標がある。
  • お金がない→あいつはお金持ち。
  • 親の介護が大変→あいつの親は元気で羨ましい。          など
「他所は他所、うちはうち」と昔からよく言われたことがあると思いますが、実際にこの考えを押し通して生きていくのは難しいです。
可能ならば、そもそも悩みなんてないはずです。
人間は社会で他人と比較し、比較されながら生きていく他ないのです。
つまり、損得・勝敗など2元的に分けられ、どちらかに所属する他ありません。

それならば「負けるが勝ち」のマインドで行こう!

「負けるが勝ち」をGoogleで検索すると、

時と場合によっては、相手との争いに負けたことにしておいたほうが、結果として自分にとって有利になり勝ちにつながることもある

とあります。

私は、これを短期的な勝敗にはこだわらず、長期的な勝ちを取りに行こうと解釈しています。

人生は超がつくほどの持久走です。
完走するためにあえて負けることで楽に生きれることがわかりました。

負けと考えるのはしんどい。そこでライフハック

私は、「負けるが勝ち」こそ楽に生きる秘訣だと思っていますが、負けたつもりはありませんし、今後も負ける気もありません。
何を言っているのかと思われるでしょうが、負けてはいけません。
相手に「勝たせてあげている」のです。
油断させておいて、気づかぬうちに優位に立ちましょう。
本サイトでは短期的には負けていると相手に思わせるけど、長期的には勝ちに行く情報を出し惜しみなく提供していきます。
なんであいつは負けているのくせにQOL(Quality Of Life)は高いんだと羨ましがられる生活を手に入れましょう。
スポンサーリンク
おすすめの記事