働く理由と労働
本タイトルに挙げたように、なぜ働く必要があるのか考えたことはあるだろうか?
  • 疑問に思ったことがない。
  • 大人が働くことは当たり前。
  • 生きていくため。
  • 家族を養っていくため。
  • 欲しい物を買うため。     など
本記事では働く理由を考えていく。
スポンサーリンク

お金が大事?

働く理由には様々な意見があるが、「お金」に関わってくるものが大半だと思われる。
「お金」を得るために働き、上記の行動がなされるわけだ。
「お金」とは何なのかはまた別の機会に答えるとする。
ここでは難しい話や綺麗事を抜きにして、率直に言わせてもらうことにする。
お金を得るために働く。
働く理由はこれ以上もこれ以下もありません。これだけです。

やりがいが大事?

お金を得るために働いていると話すと、
必ず

やりがいのために働いている。
という人がいます。
確かに、素晴らしいとは思いますが、経営者から
「聞いたよ。お金じゃなくてやりがいのために働いているんだって!それなら、お金のために働いている人に給料をあげていい?」と質問されたらYESと答えれる人に出会ったことがありません。
みんな綺麗事は言いますが、お金が欲しいのです。

理由がわかったら次に何を考える?

皆さんが働く理由は、お金を貰えるからです。
次に考えることは、
給料は皆さんの仕事の何に発生しているのか?
です。
これは、経営者とサラリーマンで解答が異なります。
今回はサラリーマンの場合で考えていきます。
単純化するとわかりやすいです。給料を支払う立場になって考えてみましょう。
あなたは社長、新卒の社員を1人雇い、一ヶ月経ちました。本日は給料日です。
いくら払いますか?その理由も考えてください。
考えましたか?
おそらく、皆さんは昨年の新卒の給料を参考にしたと思います。
この段階では個人の成果など見ていません。新卒の労働力はこんなもんという見積もりがあったからです。
では、労働力とは何でしょうか?仕事成果ではないけど、見積もられるものとは?
それは、想定される生活維持費です。
仕事して疲れて家に帰って、ご飯食べて寝て、また明日元気に出勤するには、こいつの場合いくらかかるだろうと見積もられたものが労働力の指標として使用されるわけです。
つまり、給料は会社が想定したあなたの生活維持費です。
まとめ
  • お金を貰えるから働く。
  • 給料は労働力で決まる。
  • 労働力は、想定される生活維持費。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事