脱毛の効果はない!?医師自身が選んだ医療用脱毛!
ムダ毛処理は現代人の悩みトップ10に入りますよね?
私は、もともと髭は濃くなく、顎に数本だけ生えているような状態でした。
しかし、恋人から不衛生と言われ傷つき、医療用脱毛を試しております。
今回は、医師自身が受ける医療用脱毛を解説します。
私自身、徹底的に比較する正確なので参考になると思います。
私自身、生まれつき髭が薄く、特に髭剃りの手間などはありませんでした。
1週間に1度、毛抜きで顎ひげを抜けばそれで十分なくらいの毛量でした。
しかし、いくら少量であってもチクチクと生えていたら不衛生であると恋人から指摘されました。

私も悩んでいて、色々試しました。

恥ずかしながら、生まれたから自分で一度も髭を剃ったことがなかったため、髭剃りには強い抵抗があり、まずは顔用脱毛クリームから始めました。
1ヶ月ほど試したのですが、効果はイマイチ。
諦めて髭剃りを始めました。
最初は、ツルツルっと触り心地の良い肌を手に入れ喜んでいたのですが、あっという間にその喜びは悲劇へと変わりました。

大失敗…。後悔…。

髭を剃ってツルツルの肌を手に入れたのは良かったのですが、髭が次から次へと生えてきて、当初の毛抜き処理時代よりも圧倒的に髭が濃くなってしまいました。
毛が生えるスピードが早くなってしまったため、毛抜き処理生活に戻ることもできませんでした。
そのため、髭剃りを使い続け、毎日、肌を痛めつけていました。

医療用脱毛を決意

毎日、朝起きて、髭を剃るのは今まで経験してきたことのない私にとって相当のストレスでした。
髭をきれいに剃ったとしても、寝る前には顎がチクチクしている状態なので、恋人に会う前にはもう一度剃ったりとかなりの手間でした。
髭剃りは、毎日数分のこととはいえ、年間にしたら数時間の作業です。
時間を節約したいと考えるようになり、医療用脱毛をしようと決意しました。
 

脱毛のメカニズムを勉強

ここでまでは、非医療者と同じ経緯です。
しかし私は医師であるため、自分の体に行われようとしている現象を知りたいと思い、大学の図書館に行き、皮膚科の成書を引っ張ってきて医学的に「毛」について理解を深めました。
医学的に毛周期などについて学んだところで、美容皮膚科の医療用脱毛に片っ端から問い合わせを行いました。
 

各病院を徹底比較

実名を挙げると営業妨害になるといけないので控えますが、美容皮膚科の9割方は照射しているスタッフ、下手すると医師を含め、「毛」のことをわかっていません。
考えてみれば、当然です。
美容皮膚科に勤務する人の大半は皮膚科で経験を積んだわけではなく、給料につられて勤務している人ばかりです。
医師以外の方だと気づいてないと思いますが、医師専用の求人サイトというものがあり、美容皮膚科は経験不問で勤務可能な高給バイトスポットなのです。
私自身も勤務しようかと考えたことがあります。

そんな私が選んだのは、このクリニック

一応、私も医師なので、何もわかってない人に自分を診てもらいたくないという信念があります。
皮膚科専門医といっても「毛」のことを熟知しているわけではないのでそれほど信頼しておりません。
美容皮膚科学会に入っていても同様のことが言えます。
そんな中、嫌な患者でしょうが、各クリニックに問い合わせした際にテンプレ的な返答ではなく、知識もあって、値段も良心的と思えたのが、【やさしい美容皮膚科・皮フ科秋葉原院】です。
東京以外にお住まいの方には申し訳無いのですが、私はここに通っており、その他の医院に行ったことがないので他のクリニックの効果などはわかりません。

医療用脱毛の効果は?

現在、2回目の照射が済んだところですが、
効果はというと
いい感じです。
初めて髭を剃ったときのような感動はありませんが、明らかに髭が生えるスピードが遅くなってきています。

いつまで続ける必要があるのか?

当初は、全く髭を剃らなくてもいいような状態を目指していたのですが、現在週1で髭を剃るような生活でも十分満足できているので、5,6回目が終わった段階で一度終了してみようかと考えています。
それよりも、夏に向けてすね毛の処理をしてもらおうかと考えているくらい、脱毛には満足しています。


まとめ
  • 髭剃りが面倒くさいなら、医療脱毛を考えてみて。
  • 脱毛は医療用脱毛一択。クリニックは毛のことを知っている人がいる場所が安心。
  • 効果が出るのは、2〜3回目からだから焦らないで。
スポンサーリンク
おすすめの記事