洗脳されていませんか?失っているものを考えろ!
一昔前に、占い師が人気絶頂だった女芸人を洗脳する問題があり、世間を騒がせたことがありました。
洗脳なんか絶対にかからないと思っているそこのあなた!
本当に大丈夫ですか?
知らない間に洗脳されている可能性がありますよ。
スポンサーリンク

気づいたら購入してしまう

こんな経験はないでしょうか?
 
「スーパーに行って、全く買う気のなかったものを購入していた。」
「立ち読みしに寄った本屋で気づけば本を購入していた。」
「友達がいいよと言った参考書が気になり購入してしまう。」
 
1番最後の例は別として、上の2つは知らないうちに洗脳されている可能性がありますよ。
 
では、誰が何のためにこのような洗脳を行っているのでしょうか?
 

ニューロマーケティング

古くから人を騙すことで、知る人ぞ知る儲けのテクニックがありました。
そのテクニックはネズミ講のようなものであったりと様々です。
 
しかし、時代が進み科学が進歩することで、なぜ人を騙すことができるのかが証明されつつあります。
それには脳内物質が関わっていることもわかってきています。
 
ニューロマーケティングをご存知ですか?
ニューロマーケティングとは、脳科学の知識を利用した商法のことです。
 
「意識は氷山の一角」
これは無意識を心理学に持ち込み精神分析学という学問を作り上げたフロイトの言葉です。
意識とは氷山の表面に過ぎません。
むしろ海中の氷山、すなわち無意識の方が圧倒的に大きいのです。
 
 
消費者の無意識に意図的にアプローチするこのニューロマーケティングを使えば、詐欺師顔負けの商売ができるわけです。
 
そして実際にこのニューロマーケティングを使われたせいで、あなたの脳は騙され、購買意欲をかき立てられているのです。
 

CMの罠

テレビCMこそが、このニューロマーケティングの最強の使い手といっても過言ではありません。
 
全く欲していなかった商品だが、CMを見た途端に気になり始め、気になる意識の小さな塊を転がし始め、気づけば購入したくてたまらなくなっているのです。(負のループを断ち切れ!ストレス回避の第一歩! を参照)
 
抗うことは不可能に近いです。
なぜなら、企業はニューロマーケティングに長けた一流のエリート達を寄せ集めてCMを作っているからです。
何も考えず、無防備に生活している私達にはその攻撃を防ぐ術はありません。

スマホゲームは危険

薄々良くないことと気づいているのにやめらないことがあると思います。
その最たる例が、スマホゲームです。
空き時間についつい遊んでしましますよね。
自分は課金してないから大丈夫と仰る方も多いでしょう。
しかし、本当に何も損していませんか?
課金してしまう理由に関しては上記で述べたニューロマーケティングが関与しています。
では、お金以外に奪われているものはないのでしょうか?
実はあります。
それは『時間』です。
暇つぶしとして、使っているから問題ないだろうという意見もありますが、実際にプレイしている時間を計算したことはありますか?
電車の移動時間、待ち時間、寝る前など通算してみると2〜3時間は簡単に達すると思います。
これが1年間になるといかがでしょうか。
そうです、1000時間、丸々40日くらいを1年間に費やしていることになります。
 
お金は稼ぐことができますが、時間ばかりはどうしようもありません。
ゲームし、それをYouTubeにアップロードするのなら、プレイ時間が資産形成に変わる可能性がありますが、そんな事している人はこのサイトを読んでないと思います。

まとめ

ニューロマーケティングによって、あなたの脳は騙されて、消費を促されています。
お金だけならまだしも、この世で最も貴重な時間まで奪われている可能性があります。
企業の策略にハマらず、着実に自分の資産を形成するように努めましょう!
 
 
スポンサーリンク
おすすめの記事