医学部で習いそうだけど習わないTCH。
いきなりですが、質問させてください。
「今、くちびるを閉じた時の”歯”ってどうなってますか?」
医学部には、心理学や歯科学、運動学といった教育はありません。
しかし、日常診療していると、意外とこれらのトラブルに遭遇します。
遭遇した時に、「専門外なのでわかりません。」でも問題ないのですが、少し知っているだけで解決できることもあるので頭の片隅にでも入れておいてください。
スポンサーリンク

TCHって?

TSH(甲状腺刺激ホルモン)ではありません。
TCHとは、『tooth contact habit』の略です。
すなわち、TCHを日本語で言うと、歯列接触癖のことです。
上下の歯が接触している癖の事です。
通常、くちびるを閉じた時に上下の歯は触れません。
そして、人間は1日の間に上下の歯が接触している時間は寝ている間も含めて17分半と報告されています。
17分半というのは、ご飯を噛んだり、力仕事で歯を食いしばったりした時間も含んでいます。

TCHで生じる問題

上下の歯が接した状態が長く続くと様々な問題が生じます。
  • 歯に圧力がかかり、歯を支える歯槽骨にダメージを与える。
  • 顎関節に負荷がかかるため、顎関節症になります。
  • 下顎を支える筋肉が常に興奮している状態になるため口周りの筋緊張が生じる。
  • 口周りの筋緊張から派生して首や肩の筋緊張が生じる。俗に言われる肩こりです。
  • 頭の筋肉も緊張するため頭痛も生じます。
 

TCHの原因は?

TCHの原因はストレスです。
悔しい時や悩んでいるときなどを漫画で描写する際によく見られますが、歯ぎしりしてますよね。
まさに、あれです。
ストレスがあると咬筋が緊張し、TCHを引き起こしてしまうのです。
では、なぜ咬筋が緊張するのでしょうか?
人間は、実はものすごく経済的な生物なんです。
すなわち省エネです。
四足歩行の動物、例えば犬が四足で立ち上がっている姿勢を維持するためには絶えず、重力に逆らうために筋肉を興奮させなければいけません。
しかし、人間の場合は2足で直立している際、重力に逆らうために興奮している筋肉はほとんどありません。背中、股関節、太もも、足首などの筋肉は起立している際には実はそれほど興奮していないのです。
 
では、起立時に働いている筋肉はどこなのか?
 
これこそが下顎を支えて口を閉じさせている筋です。
(詳しく言うと、咬筋と耳周りの筋肉がこれに該当し、耳周りのほうが常に興奮しています。)
元々、普段から負荷がかかりやすい筋肉はストレスに対しても敏感なので、興奮するのではないかと考えられています。

TCHへの対処法

簡単です。
上の歯と下の歯が接触しない時間を増やして上げればいいのです。
ただし、ただ口を開けるのではいけません。
それでは、口を開ける筋肉が興奮してしまいます。
 
そこで、選ぶ手法は『脱力』です。
まず、誰にも見られない一人だけの空間に移動してください。
そこで、だらーっと口を開けて、アホ顔をしてください。
誰も見ていません。
全力で脱力してください。
これを一日に複数回行うことがTCHの対処法となります。
より実践的に行うためには、パブロフの犬戦法が有効です。
パブロフの犬とは、ベルが鳴るたびにエサを与えると、ベルの音だけでエサを貰えると学習してしまう実験のことです。
パブロフの犬のように自分に条件反射を行えばいいのです。
例えば、トイレの便器を見るたびに脱力を行うなどです。
こうすればそれほど負担なく脱力を行えます。
 

まとめ

TCHとは、上下の歯が接触してしまう癖のことです。
この時間が長くなると、筋肉が緊張し、痛みを引き起こします。
そうならないためには脱力して筋肉を休めてあげましょう。
スポンサーリンク
おすすめの記事