亀仙流の修行は現代社会に最適
あなたは目標がありますか?
「医学部に合格したい」
「お金持ちになりたい」
「異性にモテて、チヤホヤされたい」
目標や野望となると、大まかに3つに分類できます。
ワンピースの世界では、海賊王 ゴール・D・ロジャーが手に入れた
『富』
『名声』
『力』
ですが、
現代では
『金』
『権力』
『女(男)』
になります。
映画や漫画で悪役が好みそうなものばかりですが、これが事実です。
あなたも私も『金』、『権力』、『女(男)』を手に入れたくて頑張っているのです。
これらを入手するために、勉強しているのです。
勉強とは受験や資格といった試験勉強だけではありません。
仕事に関すること、経済に関すること、言語に関すること、恋愛に関すること、お金に関することなどあなたの生活を取り巻く全ての物事に対して行う必要があることです。
目標達成するために大事なことを漫画の名言を通して解説したいと思います。
スポンサーリンク

亀仙流の修行

亀仙人
よく動き、よく学び、よく遊び、よく食べてよく休む。これが亀仙流の修行じゃ。
子供の頃は、ふーんと読み飛ばしていたこの一コマですが、大人になってから考えると深いなと感じます。

①よく動く

作品中では、武術修行のための体作りとしての表現だと思いますが、現実世界では行動力に置き換えるといいでしょう。
先日、『あなたはどっち派?Input or Output?』で説明しましたが、試験勉強以外の勉強ではアウトプットが重要となります。
アウトプットするためには、何が必要でしょうか?
そう!能動的な行動です。
よく動いてください。
動かないことには始まりませんよ。
早く行動したくなるように一つお教えします。
あなたが、何を目指しているのかはわかりませんが、どの専門性を学ぶにしても有効な考え方です。
「専門性というのは、どんなものであれ、約5万の概念で形成されている」とある研究で報告されています。
そして、その約5万の概念を修得するには、約1万時間かかると言われいます。
1日に3時間をその学習に当てれる人は、1年間での勉強時間は1095時間です。
つまり、1日に3時間学び続けた場合でもその専門性を修得するのには約9年かかるのです。
1日に3時間学び続けられる人で9年です。
1日に1時間の学習時間なら3倍の27年かかります。
ね!早く行動したくなったでしょ。

②よく学ぶ

作品中では、悟空の学力があまりにも低いために学ぶことの重要性を訴えた言葉でしょう。
現実世界でも同じです。
よく学んでください。
世の中を上手く生きるためには、学力と知力が必要です。
そして、学ぶべき対象は無限に広がっています。
自分の周りって意識していないだけで、よく考えたら不思議なことばかりじゃないですか?
例えば、洗面所の下の配管を見たことはありますか?
なぜ、直線ではなく一度下に降りてから再び上昇しているようなS字構造をしているのでしょうか?
それは、封水といって水のバリアを作り、下水からの嫌な臭いの上昇を防ぐ効果があるからです。
もし、S字ではなく直線構造ならば、封水がないため、下水の臭いが洗面所周囲まで漂ってしまいます。
だからS字なんですね。
このように、あまりにも日常的なものは意識していませんが、意外と知らないことばかりなんですよね。
生きるって学ぶことですからどんどん学んでいきましょう!

③よく食べる、④よく休む

これは健康管理ですね。
病院でお看取りの患者さんを診ることがありますが、みなさん食事を摂れていません。
また、しんどいため十分に休めてもいません。
よく食べて、よく寝ることは、当たり前過ぎて気づいてないのですが、実はすごいことなんです。
人間って、健康なときはわからないんですが、病気になってできないことが増えてからありがたさに気づくことが多いんです。
何でもないことが幸せなんですよ。
 
医者になってからよかったなと思うのは、この観点に若い時期から気づけたことです。
 
 

まとめ

『よく動き、よく学び、よく食べて、よく休む』
亀仙流の修行を積めば、どんな目標でも達成できます。
スポンサーリンク
おすすめの記事